テーマ:魂の旅の始まり

魂の旅の始まり➄「サヨナラ、組織……」

 地方都市で働いている時はいろいろな信じられないことが起こりました。  いろいろありすぎて、人間不信だった私を早々に立ち直らせてくれた今の職場の信頼できる同僚でも、2、3割程度しかその頃の話をしていません。  思い出すと、自分だけではなくそこで悲しく辛い目にあったであろう人たちを思い、めぐりめぐって無力だった自分に悔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂の旅の始まり④「ツインレイ問題」

 正直、私としてはこのことについて書くか否かは相当迷いました。  「ツインレイ問題」  皆さんはソウルメイトというのはご存知ですか?  簡単に言うと、魂のつながりのある人たちであり、段階(レベル)があるソウルメイトの中でもツインレイというのは、この地球で出会う最後の、究極的な異性のパートナーだそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂の旅の始まり③「運命の自己啓発セミナー」

 地方都市から戻って来た私は、いままで読んだことがなかったような潜在意識だとか引き寄せだとかいった本を読むようになりました。これまでの考えを一掃するくらいでないと何も変わらないという必死さがありました。  ある日、ゆるい感じのイラストとやさしめの文章の本を買いました。自分にバリアを張る方法だとか、壊れたり汚れたりした物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂の旅の始まり②「遠くて近い人たち」

   かつての私は実に狭い世界に生きていました。今が広くてエライだとかそういうことではありません。その世界しか知らず、それでいてそれが最大だという思い込みのことを言っています。  それが強烈な形で打ち破られたのが、3年間の地方都市生活でした。  そこで出会い、今でも交流のある方たちは、私の可能性と存在を“引き上げて”く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂の旅の始まり①「サビアンで示されていた転機」

 サワです。  サビアン占星術にはどんな転機が何歳で訪れるか(訪れたか)をみることができます。  私は14歳と41歳に訪れることになっていました。  面白いのは、2つの転機ともこの歳にピークを迎えて、以降凋落したということ(笑)。  14歳のことはまたいずれ触れたいと思うのですが、41歳、私は16年間勤め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more