衣食住の「食」④

 さて、夕食も自分で作るようになって大幅に体重が落ちたが、その時期におおいに参考にしたブログがある。  船田和成さんのブログである。 *船田和成のハッピー☆ダイエットライフ https://ameblo.jp/diet-joy/  食事を抜けば痩せるわけではない、健康的に痩せたいのであれば食事を抜いてはいけないという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「食」③

 私が通っているジムでは、その頃ダイエットキャンペーンをしていて、何キロ痩せようといった目標達成を奨励していた。1~3キログラムの範囲で大体1~2か月かけるものだったと記憶している。私はキャンペーンの特典にはそれほど興味はなかったが、いつまでに何キロ痩せるという目標を立て、それに向けて頑張るというのが性に合っていた。  取り組みを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「食」②

 夕食を炭水化物抜きにして約3か月、ジムでの筋トレの成果も出て、地方都市に行く前の体重にまで戻せたのではあったが、そこからがなかなかうまくいかないでいた。そうであれば、朝食と昼食も見直さないといけない。  夜のうちに無洗米のお米を一合、タイマーで朝には炊き上がっているように設定した。そして、その一合を朝食と昼食とで半分半分で食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「食」①

 地方都市に移って働いていた三年間の最初は少しだけ痩せて喜んでいたが、あまりの激務と職場の人間関係のストレスでどんどん体重は増え、首都圏に戻って来る時には過去最大の体重になっていた。着る服もどんどん制限され、父親にまで太って下半身が特にひどくなっていることを指摘され“絶対に痩せる”と心に誓った。  先にも記したとおり、まずは筋トレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」⑩

 「衣食住の「衣」⑥」で下着について触れた(https://51695888.at.webry.info/201902/article_1.html)が、それについての大事なことを忘れていたので記しておきたい。   ブラジャーは手洗いをするということだ。ショーツも、レースのきれいなものであれば手洗いがよい。  型崩れを防ぐた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」⑨

 これから服の断捨離をしようという方に、実体験に基づくアドバイスを一つだけ。  これは、片付けのノウハウを書いた本やネットの情報にもよく書かれていることなのだが、〝まだ着られるからとっておこう〟というのはやめたほうがいいということである。  もう着ない、できれば新しいものを買ってそれを着たいと思ってしまう物であれば、ためらわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」⑧

 保留になっていた話題に今日は触れたいと思う。  痩せたためにサイズの合う服が必要になってきたと同時に、これまでのようにサイズがあるかどうかを気にすることなく服を選べるようになって、これまで着たことのない服も着てみたいと思うようになった。だが、服を増やすのはせっかく物を手放している最中なのにしたくはない……そんな時に知ったのが、a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」⑦

 前回2度消えてしまった記事はまた次回にすることとして、今回はタイムリーな話題を記したいと思う。  「衣食住の「衣」③」」において、古着の下取りなどをするアパレルショップの情報を記したが、今回はユナイテッドアローズのキャンペーンを利用してみた。 衣食住の「衣」③ https://51695888.at.webry.info…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」⑥

 今日はもう2回も同じ記事を書いたのだが、アップしようとしたら2回ともその時に記事が消えてしまったので、今日はその次に書こうと思っていた記事を先に記し、今日書いて消えた記事は次回改めて書こうと思う。  ここまで来て、最後にどうしてもそろえなければいけないアイテムに気づいた。  それは下着である。  痩せ始めた時、これま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」⑤

 何気なく本屋を見ていて手にしたのが、みなみ佳菜さんの『女の運命は服で変わる』だった。  この本には写真は一切ない(オーソドックスなイラストはある)。中身も黒と水色の2色刷りだ。それでも魅力を感じ、今でも本を手元に置いている。  最初にこの本が今の私には必要だと思った理由は、「四つの性格タイプ」で似合う服とその傾向を持つブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」④

 これまで見てきたようにひととおり衣類の整理が終わった頃に、体形にも劇的な変化が現れた。  ちょうどジム通いを始めてから1年と数カ月が過ぎたあたりで、下半身、特に下腹部から太ももにかけて大幅に肉が落ちたのである。このあたりの事情は、また違う項目を立てて別の機会に詳しくお教えしようと思うが、ジム通いと食生活の改善を続ける中で、この時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」③

 さてここで、前回・前々回で紹介した方法では引き取ってもらえなかった服はどうしたかという話をしたい。  服に思い入れがあるのと、もったいないという理由から、よほどでなければ服を《燃えるゴミ》扱いができない私は、他にも古着を引き取ってくれる先がないか探してみた。  まず一つ目はジーンズなどのカジュアルな衣料を販売しているRig…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」②

 次に、残した服をもう一度、残すべきか否かを考える作業に入った。  その際参考にしたのが、たまたま立ち寄った本屋で見つけた、山本 あきこさんの『毎朝、服に迷わない』『毎朝、服に迷わない 秋/冬 暖かいのにおしゃれになれる』だった。ちょうど秋から冬にかけての時期だったので、秋・冬編から購入して、そのあと春・夏編を購入した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食住の「衣」①

 衣食住の「衣」、服の片付けは地方都市に引っ越してすぐくらいから少しずつ始めていた。なぜなら、20代で着ていた服まで“もったいないから”という理由でほとんど捨てずに持っていたからである。  もちろん、気に入って何度も着た服ほど傷んでしまい、そのたびに泣く泣く捨てるのであったが(私は服には思い入れがあるほうだ)、困ったのは一回も着て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重マイナス8キロと汚部屋の掃除はリンクした⑤

 私のこれまでの約二十年間というのは仕事最優先であり、家のこと、自分のことは常に後回しであった。片付け・掃除、ジム通い、食事作り……したくても仕事が忙しすぎてできなかった当たり前の生活、自分の心身を大事にする生活を継続したことで、その新しく始めた生活がだんだんと習慣付き、仕事とうまくバランスをとるリズムや感覚が養われたというのが大きいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重マイナス8キロと汚部屋の掃除はリンクした④

 食事と言ってもこれまでまともに料理もしてこなかったため、気をつけたのは食べ過ぎないことであった。  朝に一合のご飯を炊いて、朝食はその半分に納豆とバナナと牛乳、昼食はご飯の残りの半分と冷凍食品などのおかずを弁当箱に詰めて職場に持って行った。おやつはポテトチップやチョコレートなども食べたりしたが、夜はもやしとコンビニで売っているサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重マイナス8キロと汚部屋の掃除はリンクした③

 片付けと同時に開始したのがジム通いである。これも今までまったくしたことのないことだった。  ジムのスタッフの方には「体験しなくていいですか」と言われたが、月払いにもせず一括で支払いを済ませて即入会、週2~3回は通うように励んだ。  以前英会話を始めた時もそうであったが、本気で自分のものにしたいのであれば「お試し」してみて他の選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重マイナス8キロと汚部屋の掃除はリンクした②

 地方都市から戻って来た最初、まずしたいと思ったのは片付けだった。引っ越し荷物の段ボールが大小さまざまあったとはいえ、50個以上にもなったこと(このほかに梱包できない冷蔵庫やら洗濯機もある)に、自分でもあきれてしまったのだ。お金も労力も大変なことなのであまりおすすめはできないが、引っ越しは物を持つことについて根本から考えさせられるいい機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重マイナス8キロと汚部屋の掃除はリンクした①

 2017年の春に、なかばドロップアウトする形で正規の仕事を辞めて、地方都市から元の場所に戻って来た。    私は女であるのだが、これまで仕事が生き甲斐であり、収入も地位も周囲から見たらうらやむようなものに相違はなかった。“落ちぶれた”我が姿に涙する日々も続いた。  しかし、あれから2年近くが経過し、自分の生活はそれまでとはま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more