衣食住の「衣」⑧

 保留になっていた話題に今日は触れたいと思う。

 痩せたためにサイズの合う服が必要になってきたと同時に、これまでのようにサイズがあるかどうかを気にすることなく服を選べるようになって、これまで着たことのない服も着てみたいと思うようになった。だが、服を増やすのはせっかく物を手放している最中なのにしたくはない……そんな時に知ったのが、airClosetという洋服のレンタルサービスだった。

airCloset
https://www.air-closet.com/home/

 上下でコーディネートする服(2着)とトップスかワンピース(1着)の計3着が届くシステムで、月1回(3着)「Lite」6,800円/月と、服を返却する限り月に何回でも借りられる「Regular」9,800円/月の基本のシステムがあり、これに追加する形でのいくつかのオプションサービスや割引のあるパックがある(いずれも返送料が1回につき300円かかる)。 ※金額はいずれも税抜き価格。

 自分の顔写真と全身写真、身長・体重と服のサイズおよび身体のパーツの情報、着てみたい服のイメージや手持ちの服、どのようなシーンで服を着たいのかといった基本情報を登録すると、プロのスタイリストさんが服をセレクトしてくれる。
 
 現在4回ほどサービスを利用したが、メリット・デメリットを以下に記してみる(あくまで私個人の考えであることは断っておきたい)。

【 メリット 】
・プロのスタイリストさんが基本情報をもとに服を選んでくれるので、自分ではこれまで着たことないような色やデザインの服が意外と似合ったりするのがわかったといった発見がある。
・1着あたり2,500円程度で、所有することなく多くの数と種類の服を着てみることができる。
・ほしいと思う服は購入できる。 ※今のところ購入まではしていない。

【 デメリット 】
・似合わない服やあまり着たくない服が届いた場合には損をした気分になる。
・クーポンやポイントといったイベントやサービスでの割引が多く、気に入った服は買ってもいいかなという気になるので、物を買わないために利用した人にしたら本末転倒になる可能性もある。
・セコンドハンドであることを考えると購入価格が高いのではないかという気がする。

 服を増やすことなくおしゃれを楽しめること、どんな服が届くのかなというわくわく感は、システムとしてよくできているなあと思う。しかしながら、定額料金の物やサービスの購入というのは、トータルでみるとかなりの出費になるというのはよく言われることである。そこで現在のところ考えているのは、季節を限定してのサービスの利用である。ニットをはじめとする冬の服というのは場所も取るし、特にニットは古着として売るときには売れない可能性も高い(毛玉やほつれのリスクが高い)ので、秋・冬の時だけサービスを利用していくというのはどうかと考えている(一時的な利用の停止はできるようなので)。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック