自己紹介⑩「こんな日が来るとは……」

TSU_IMG_2442_TP_V.jpg
 こんばんは、サワです。自己紹介も今回で最終話です。

 私は、これまでも記しているように、本業は教員です。仕事は順調でした。特に、職場の同僚(女性)を占うようになってからは、働く環境もよくなり、年数も経ていたため、自分の能力を存分に発揮できるようになっていました。大学院に通うことをサポートしてもらったり、やりがいのあるポジションにつけてもらったりして、お金も稼いで充実していました(しかし、それには裏もあったのですが……それはまた別の機会にしましょう)。

 そんな私でしたが、職場の方針転換と、どうしても古典をしっかり教えたいという願望、また、教育の新しい潮流を自分で作りたいというひそかな野心から、ある地方都市のその地域で初めて設置されるという新設の中高一貫校に移ることにしました(サビアンでも、大学院修了の年以降で転機が続いていました)。

 しかしこれが、転落の始まりでした。

 いざその学校に赴任すると、事前に聞いていたこととは違う仕事をすることをいきなり命じられました。――すでに引っ越しも済ませ、戻る場所もなくなった4月に入ってからです。ありえない契約違反だと思いましたが、ここに来たのは自分で決めたことだからと腹をくくりました。

 しかしながら、どうしても経営者一族との考え方の相違や彼らの品性のなさに嫌気がさし、ある日、感情を爆発させました。2年が経っていましたし、辞めるつもりでした。

 ところが、そのことに感づいた高校一期生の一人が、“僕たちが卒業するまではいてください”と私に告げました。――死んだつもりでいれば、一年間は何とかなると覚悟を決めました。

 仕事をできる限り減らし(とはいえ、ほとんど減ってはいませんが、これまでの私ならば絶対にありえない責任の放棄といったことをしました)、東京へ戻るべく就職活動を始めました。なかなか決まらずに苦しみがずっと続いた最後、3月に入って今の職場で拾ってもらいました。

 拾ってもらった恩を返そうとがんばりました。また、人間関係に疲れ果てていた私は自分を出さないように静かにしてもいました。幸いなことに、私の周囲には尊敬できる気の合う方たちばかりが集まっていたので、地方都市生活に比べて毎日が天国のようでした。疲れ果てた心身は急速に癒され、断捨離やダイエットにも成功しました。

 しかし、またしても試練が私を襲いました。

 今の職場はもともと非常勤講師の枠で応募したものを、常勤講師という立場に変更しての採用でした。専任ではありません(一般企業で言えば、正社員でなく契約社員です)。本来ならばもっとしかるべき役割が与えられるべき経験を持つ私は、実力を持て余しました。そして、もっと嫌なことがありました(これもここで記すのは控えておきます)。

 自分の“限界”をはっきりと感じました。今の職場の契約は3年間で、今がその3年目です。

 今の職場で3年目の2月に私はあるセミナーに参加し、そこから人間関係が大きく変化しました。そして、起業塾にまで通うことにになり、占いをするべきだと講師の先生からアドバイスを受けました。

 職場を変わってからも私は占いをしていましたが、どこに行っても当たると評判になり、少しずつ物やお金をいただくようになっていました(そうでないと依頼が殺到してしまい、本業がおろそかになるくらいだったからです)。とはいえ、占いで起業することなどはつゆほども考えていませんでした。私は教員の仕事が好きだったからです。

 しかし、状況は変わりました。私は来春で教員生活に一度ピリオドを打つことになりました。また、ずっと考えてきました。「占い」それ自体よりも実はもっと大切なことがあることについてです。

 いくら占っても占っても納得いかず何事もまったく変化しない人もいれば、一回(しかもちょっとした内容だけだったりします)占ったきりで人生を好転させてしまう人もいます。むしろ、人生の紆余曲折を経て教員生活に一度ピリオドを打つ私にとっては、そのことを伝えることがより重要な使命なのかもしれないと思ったのです。

 起業塾では「お客様の問題の解決する」「お客様の未来を一緒に変える」ということの価値を徹底して教わりました。

 今の日本には自分の本当の価値や使命に気づけず、自分を傷つけて毎日を送っている人がたくさんいます。私もそうでした。でも、占いをきっかけに変わることができるということをお知らせいたいと思っています。

 教員時代以上に、いろいろな場所でさまざまに活躍されるたくさんの方とお会いできればと思い、このブログをつづっています。(「自己紹介」おわり)

よりタイムリーで深い内容のメルマガ限定記事、占い鑑定や講座等のお得な情報も満載です。興味のある方はメルマガ購読がおすすめです。↓
局面打開指南役「サワ」の 『本当の自分を取り戻す! 占い活用術』の購読申し込みはこちら

"自己紹介⑩「こんな日が来るとは……」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント