【ツインレイを知るための創作作品②】新海誠『君の名は。』&清水玲子「世紀末に愛されて」(メルマガ先行配信記事)

 サワは漫画、アニメ、ライトノベル、キャラクター大好きです。いろいろな意味で「オタク」です。気に入ったものは何度でもくり返し読んだり、視聴したりします(YouTubeの動画なども、情報系のものは1.75倍とか2倍速ですっとばしていくつも聞きますが、好きなチャンネルは同じ動画を何度でも見ています)。

 さて、今回は、有名な新海誠監督のアニメーション作品『君の名は。』をツインレイ視点で簡単に解説します。

169395_02.jpg

 まず、この作品の主人公である女の子・三葉(みつは)と男の子・瀧(たき)も、『1Q84』よろしく、お約束のように時空を超えて出会っています。ただし、彼らは気づいたら “入れ替わっている”という 形態をとります。しかし、作品のラスト、瀧は三葉を救うために自ら異世界に飛び込み、未曽有の危機を回避します。

 お互いの女性性と男性性の補完があり、何か大きな課題の “やり直し” によって、共通の使命を成し遂げるといったみたいなことも、ツインレイの持つテーマの一つのようです。

 某サブカル文化人の解説によると、三葉の祖母が入れ替わりの経験があると語るシーンがあり、三葉の父親と母親もおそらく入れ替わりで出会っているゆえに、三葉と瀧が入れ替わっていることを三葉の父は気づき、町長として町の人々を避難させる決断をしたのだということでした。三葉の家系は、かつて起き、いつまた起こるかわからない危機に対して、町を救うためにそうした能力を受け継いでいる、と。……なるほど。

 そして、瀧と三葉はお互いを強く思い合い、再び出会えること願ったにもかかわらず、入れ替わりの後はまるで夢を見ていたかのように忘れてしまっているのです。ーー顔も、名前も。喪失感だけが残っています。それでも二人はともに、“会えばわかる”と漠然と感じているのです。

 私が最初この映画を見た時は、謎解き要素の方に興味がひかれていたので、のちにDVDを借りてきて何度も見直して、物語の構造についてやっと理解しました。

 ちなみに『天気の子』もツインレイ要素は強いと思います。しかし、私はまだあのエンディングを受け入れ切れてません(『ヱヴァンゲリオン新劇場版:破』のラストシーンにも同じものを感じ、私はダメでした)。シンボリィックにとらえればいいとは思うのですが、私はあまり認めたくないところがあります。  ※興味のある方は、サワに直接ご質問ください。

 さて、今回はもうひと作品。

 清水玲子さんの「世紀末に愛されて」という短編漫画です。清水玲子さんは、生田斗真さん主演で有名になった『秘密』という映画の原作を描いている方です(『秘密』面白いです! 清水玲子さんはSFを美麗な絵でお描きになります)。

※花とゆめコミックスの『天女来襲』という単行本に収録されていますが、現在は電子マンガサイトなっどで『22XX』というタイトルの短編集に収められているのを閲覧できます。私もこれを書くのに電子で購入してしまいました。

 高校生の時に清水玲子さんファンの友人からすすめられて、その頃の作品はほとんど読みました。そして、「世紀末に愛されて」は特に鮮明に覚えていました。

 この話は、地球が終末を迎える時、真実の愛で結ばれた男女でないと地球を脱出できないという設定で、主人公の青年が姿を消してしまった恋人を探しているところに、仮面の僧侶からある依頼を受けます。それは、恋人が戦争に行ったまま帰って来ないで待っている女性の恋人として、彼女と一緒になってあげてほしいというものでした(青年は彼女の恋人に容貌が瓜二つだったのです)。

 今回紹介した2つの作品の共通点はずばり “出会えばそれだと間違えなくわかる”。ーー何で!?っとツッコミたくなります。ツインレイが感覚的、個別体験的ゆえに“わからない”とされる所以です。

 なお、「世紀末に愛されて」は読んでいるとすぐに伏線が見えてきて、単純と言えば単純なストーリーです。しかし、私はどうにも気になってずっと覚えていました。これって宇宙版ノアの箱舟? 人間をつがいにしてワープさせるなんて、どういう発想? わからん……。  ※これは別の機会にお話しできればと思います。

 清水玲子さんの作品はどれも、未来を見てきているのではないかというような静かな怖さがあります。少し神懸っている感もありますが、村上春樹しかり、芸術家の能力とはそういうものなのかもしれません。

 私の習得したサビアン占星術ですが、習い始めた頃は “よく当たる占いだな”くらいにしか思いませんでした。しかし、こうして副業として鑑定を始めてみて、社会の構造、世界の仕組みが変わる現代の今この時において、来たるべき新しい世界で人が本来の自分で生きる(旧来の社会的枠組みを脱して生きる)ための占いなのだと気づきました。

 私同様に、その真実に気づいてしまった方たち(新しい世界での使命のある人たちでもあるようです)が、主に仕事とパートナーシップの大変化を経験することが多いのにも気づきました。私自身の鑑定結果を見比べても、サビアン占星術は新時代に舵を切るための方位針であることを確信する今日この頃です。


 「ツインレイを知るための創作作品」シリーズと連動して配信した、メルマガ限定の【魂の伴侶「ツインレイ」体験談】をステップメールにまとめました。
【魂の伴侶「ツインレイ」体験談】 自分を"取り戻す"には段階があるらしい…「サワ」の体験記(5)の購読申し込みはこちら

最新の記事をお届けしているメルマガ(週1回配信を目標に継続しています!)の登録はこちらです。メルマガ読者限定で、占い鑑定や講座の優待といったお得な情報もあります。
局面打開指南役「サワ」の 『本当の自分を取り戻す! 占い活用術』の購読申し込みはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント