「正しく恐怖、正しく楽観」(メルマガ先行配信記事)

90651370_190809019036206_8894739324256387072_n.jpg

 5日前、22年間の教員生活にひとまずピリオドを打ちました。

 三年間何かと面倒を見てくださった先生が私の荷物を車で運んでくれると申し出てくださり、本や書類を入れた段ボール箱3つと、大きなビニールバッグ1つに最後にロッカーから出したものだけ入れて、学校をあとにしました。

 学校のあるベイエリアを一望し、桜の咲く多摩川を渡ってあっという間に地元に戻って来てしまいましたが、私はこの日を生涯忘れることはないでしょう。

 しかし、世間はそんな私の感慨はよそにして、不気味な静けさを保っています。

 読者の皆さんは備蓄をしていますか。お米とかお味噌とか乾物ですね(コロナウィルスの場合、水道水は問題ないと考えられます)。
 ※乾物とは、私の好きな大豆とか、ひじきとか、切り干し大根とか、高野豆腐とか、水で戻して調理するものです。インスタントやレトルト食品、缶詰なども手軽でいいですが、乾物は身体にいいので備蓄の食材としてはおすすめです。

 あと、キャッシュレス時代ですが、万が一のために手元に現金があったほうがいいだろうという方もいます。

 誤解しないでいただきたいのは、読者の皆さんの不安をあおっているのではないということです。

 何も起きないに越したことはないのです。先日、私の友人の僧侶が全山あげて祈祷したという記事をFacebookで見ましたが、誰かが誰かを思う祈りの力は、日本の国にとって大前提です(上皇陛下、天皇陛下も常におっしゃっていることです)。

 その上で、多くの人がこの事態を冷静に受け止め、備えていてほしいと思うのです。パニックを起こして買い占めたり、ましてや高い値段で転売するなどというのは、もっての他だと思います。

 民主主義は愚かなシステムだという人もいます。ルールを守らずに行動する人間が"利益"を得ることが可能なシステムだからです。とはいえ、教育の力で多くの国民が自分を律して、他者を思ってふるまうことができれば、システムは有効かつ多くの国民の利益に帰するものとして機能するのです。

 コロナウィルス後の世界はこれまでとは違う価値観で進む世界になると予想している人は多いです。私もそう考える一人です。

 その価値観は、わかちあいや共存・共栄の価値観であってほしいと思っています。思いやりの心である「仁」を説く孟子の思想は、個人の時代である現代にこそ必要であると、私の高校生の教え子は試験の答案に書いていました。次の世代を担う子どもたちは、真剣にそういう世界を望んでいるのです。

 私も備蓄しておけばいい、免疫力を高めて感染しなければいい、などとだけ考えているわけではありません。仕事や収入、貯蓄、年老いた両親――心配がないわけではありません。ただの一(いち)日本国民ですし……(ただ、日本には古来より、困難な状況にも柔軟に生き抜く身体感覚や智慧が多く存在しているとは思っています。だから古典を学び、教え続けているわけです)。

 世界中のひとりひとりが"生きる"ということに同じように向き合うことになった今、何が起きてもそれを受け入れて、しぶとく生き抜いていこうということを決めているといったところでしょうか。

メルマガの読者の皆さまには一足先に最新の記事とお得な情報をお届けしています。
局面打開指南役「サワ」の 『本当の自分を取り戻す! 占い活用術』の購読申し込みはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント